PiPi's World

私が結婚しない理由(わけ)

順位:3394位
作者:Hera-p@
得票:7
評価:(3)
閲覧:32
投稿:2014-12-15
更新:2014-12-15 完結作品
携帯電話もない時代の昭和チックな恋愛物語。あの頃もよかったかも..。新米駅員と美少女女子高生との恋の物語とその後の生き様。独身を貫く人にも理由があるんだな。
渡井健二
 生まれた街にある某地方鉄道会社に地元の進学高校、県立泉津高校卒業後すぐに就職した青年だった。山奥の小さな駅、接祖駅の新人駅員になり、当時会社が契約して間借りしてくれた、駅近くの小さい料理旅館[岩倉]の二階客間の一室に下宿していた。現在は鉄道会社を退社し、雑誌社の編集の仕事を経て現在は文筆業に転身。ペンネームで官能小説作家もしている。独身、55歳。

岩倉加奈子
 当時高校二年17歳、美少女。旅館岩倉の一人娘(養女)、イトの妹が出産し、その後すぐ亡くなった為、子宝に恵まれないイト夫婦に引き取られ育った。イトの実の子のように大切に育てられた。旅館下宿人の渡井青年に積極的に好意を寄せていく。接祖駅から毎日、電車通学で街の進学高校、県立泉津高校へ通う。


岩倉イト
 料理旅館岩倉の女将、加奈子の育て親。加奈子と渡井が将来、結婚し、料理旅館をもり立ててくれる事を願っていた。料理も得意。今は口うるさいが...。老婆の女将。

岩倉幸造
 イトの亭主、料理旅館岩倉の主、宿の料理、その他、宿雑務全てを担当。男の息子がほしかった為、青年渡井を自分の息子の用にあたたかく下宿に迎えた。寡黙だか優しい。

山口 守
 渡井の会社の先輩。県立泉津商業高校卒業後、鉄道会社に渡井より先に入社。接祖駅より街であり、鉄道会社の本社もある始点駅、電鉄泉津駅の当時大勢いた社員のうちの一人、渡井が休みのとき、接祖駅交代駅員として電車に客と同乗し接祖駅に来ている。泉津駅、接祖駅兼用駅員。当時渡井の鉄道業務全般の指導係。青年渡井と加奈子を可愛いがる。現在はこの私鉄の生え抜き社長に抜擢されている。情に厚く一本堅気な男。58歳。

その他、渡井の先輩鉄道運転士。ほか

映画、ドラマの基盤ストーリーとして是非(__)是非、版権のお買取り採用を...。
(^q^)お安くしますよ〜(笑)。さらに脚色、アレンジするのは、あなたです....。

駅名、地名、学校名、人名、場面設定等全てフィクションです。

では、乱文素文ではございますがお楽しみ下さいませ。感想等ありましたら、お気軽にメール下さい。では、はじまりです。
(__)※理想の恋愛設定、自己満足小説です、過大な設定など、あり得ないかもしれませんが、フィクションですからお許しください。




この作品には15歳未満禁止の内容が含まれています
15歳未満の方や過激な表現を読みたくない方はご遠慮下さい。

評価
加奈子さんに萌えますし、少し切なく
爽やかな青春小説ですね