PiPi's World

異世界の血液

異世界の血液

 諸君、ドラゴンって知ってるね。
 そもそもドラゴンとは異世界の生き物でそれがたまに何かのはずみで次元間移動をして地球上に現れたことがあったという設定でこの話は始まるんだ。 だがそれはすぐ宇宙の深遠なる存在である神によって元の異世界に戻されているので、現存したという証拠は後世に残らず、架空の生き物だったってことになっているのだ。つまりそういうお約束だね。

 今回の話は山奥に次元間移動してしまったドラゴンが人化して町まで出たときに血液センターの車でオレンジジュースとクッキーにつられて献血をしてしまうことに始まる。因みにドラゴンの血液型はA物質もB物質も入ってなかったから、そしてRH抗原もなかったので『RHマイナスO型』と判定された。

 ところでこのドラゴンはすぐに神が気づいて元の異世界に戻されたので、こいつの出番はここで終わりである。ほんのチョイ役の出番なんだけれども、人化したドラゴンとなればやはり人間離れした超美少女でしかも千年の齢(よわい)を重ねた威厳もあるから、これがドラマの撮影だったらそれなりの女優を使うだろうしギャラも高いと思う。

 閑話休題(それはともかく)、問題はここで登場するのは本命の主人公なのだが、碌な仕事にもありつけぬまま、社会の底辺に追いやられた哀れな男である。
 気がついた時は若年性糖尿病から脳梗塞になり、ふらふらと路上に倒れたところをひき逃げされて救急車で担ぎ込まれた男だ。年齢は二十代から五十代で身元不明、顔も体も目茶目茶で血だらけでよく分からない。
 看護師たちはボロボロの服をハサミで切り裂き下腹の出たブヨブヨの体を清浄綿で拭くのだが、全身内出血の紫斑だらけで、手足も複雑骨折のため変な方向に曲がっている。そしてまた、出血箇所も多く、放っておけば数分で失血死するだろうという医師判断になる。
 しかも輸血をしようにも血液型はRHマイナスO型ときた。諦めかけた時に血液センターから一袋だけ予備があると連絡が入り、それが届けられたので、気休めにそれを輸血した。
 さて輸血の措置はしたものの、仏になるのは時間の問題。別の救急患者が運び込まれたので、男は放置してそちらの方に医療スタッフが向かう。
 その間、ドラゴンの血を輸血された男は、死にかけていたのに復活することになるが、これが大変。
 ドラゴンの血は大血管から毛細血管にまで浸透し細胞の隅々にまで猛スピードで駆け巡ると、壊れた部分を修復し始めた。
 ボキボキボキとかプチプチプチという音が無人の処置室に響き渡り、男の体全体がバイブレーターをかけたようにブーーンと振動し始めた。
 まず内出血の紫斑も無数の傷口もそして全身の骨折も糖尿病も脳梗塞も前立腺癌も肩こりも虫歯も近視も乱視も何もかもすべて治ってしまったのだ。
 それだけでなくぶよぶよした脂肪は修復するためのエネルギーに燃焼され、激しい発汗をしながら体型がみるみる変化して行く。
 そこで注目しなければならないのは、ドラゴンがメスだったということ。そしてその血が体を修復し再構築するとなれば、人化したドラゴンの姿を雛形にして肉体を造形して行くということになる。
 つまり端的に分かりやすく奥歯に物を挟まずにはっきり言えば、ブサイクな男の体は超美少女の体に変わってしまったという訳だ。
 えっ、男としての体は残ってないのかって?
 それが提灯(ちょうちん)鮟鱇(あんこう)の雄のように雌の体に吸収されて消えてしまったってことだ。
 現れたのはナイスバディのハーフっぽい超美少女。年の頃は十四五才。ブラウンの長い髪と深海のような濃い群青の瞳と花びらのような淡いピンクの唇で、七難を隠すという透き通るような白い肌。
 とかとかとか……口で言い表すことも限界を感じるような、とにかく男なら誰でも振り向いて後を付けて盗聴や盗撮をしてストーカーしたくなるような美少女だったのだ。
 男の名前はアキラと言った。本当にどうでも良い話だが、男の名前はアキラと言った。どうでも良いことだから二回言ったぞ。えっ、意味不明だって?

 でもってアキラは自分の体が女になったから、自分はこれからなんて名乗ろうと思ったんだが、考えてみればアキラってのは女の名前にもあるから、そのままで良いと思ったんだ。あ〜〜、全くどうでも良い話だ、全く。
 それより考えなきゃいけないことがあるだろうに!
 そうなんだ。アキラは素っ裸なんだ。その上全裸でマッパなんだ。同じことを言ってるけど、これは重要だから言った。ヌードとも言う。

 
 アキラはそっと足を忍ばせて看護師のロッカールームに入ったんだ。
 そして鍵を使わずにロッカーを開けて回った。
 ドラゴンのパワーがあるから、鍵なんていらない訳よ。お分かり? そのロッカーはもう使用不能になってしまったけれどね。
 でもって、看護師の私服をよりどりみどり選んだ。それから病棟のクリーニング室に行って、女性患者の洗濯済みの下着を漁った。つまり下着泥棒だね。
 何故かアキラのそのときの手際は初犯とは思えぬ慣れたものだった。しかしこの際、アキラのそういう過去の犯罪歴については本筋とは関係ないので触れないでおく。
 患者の女性用の下着と看護師の私服を身に着けたアキラはそのまま病院を飛び出した。
 後は野となれ山となれ、立つ鳥跡を濁しちゃおう、である。その後、途中で消えたアキラの扱いはどうなったかとか、盗難にあった衣服についてどういうことになったかということは本筋に関係ないし描写とか面倒なので書かない。

 アキラは腹が空いた。それでコンビニに入ってサンドイッチとかアンパンとかおにぎりや飲み物をバスケットに入れて、そのまま外に出ようとした。
 男の店員、多分店長が一人店番をしていたが、それを見逃すはずがない。
 手首を掴まれ、事務室に連れて行かれた。その時店の鍵を締め『準備中』の札をかけちゃった。
 分かるね、分かるよね? そうなんだ。よくAVであるパターン。万引き少女を事務室でなにしようというパターンだ。というのは普通の女の子なら警察に通報するか親を呼ぶかで済ませるのだが、アキラは中身は多分おっさんだけど、超超超の超美少女だから、その店長はムラムラムラと来ちゃったわけ。
 アキラは可愛い女の子の声で哀願した。
「お腹が空いて倒れそうなんです。お願いです。なんでも言うことを聞きますから、これを食べさせて下さい」
 アキラは女心は分からない腐れ童貞野郎だけど、男心はよく分かる。こう言えば男は体で払ってくれると期待して、アキラが食べるのをゆっくり見ながら妄想を膨らませる。僅か数百円の品物で極上の女の子が自分の物になるくらいのことを考えているんだろうなあって。
 
 食べ終わるとアキラは可愛い女の子の声と顔で上目遣いに言った。
「あのう、お金が全然ないんです。恵んでくれませんか? 本当に恩にきますから、おじさん」
「金か? うん。これで足りるか?」
 店長はポケマネから四五千円を掴み取って渡す。「これだけあれば今晩ビジネスホテルに泊れますね」アキラはぱっと顔を明るくする。
「いやいやいや、ビジネスホテルなら」
 店長は万札を一枚渡す。さっきの千円札を返してと言おうとしたらすばやくしまったので言いそびれる。
「それじゃあ、良いかい。約束だよ。分かってるね」
「はい、何をすれば良いのですか? 店のお掃除でもしますか}
「何を言ってるんだ。やらせろよ。エッチだよ」
「ええっ、そんなこと以外ならなんでもします」
「ふざけるなっ。騙したな。警察に突き出してやる」
「じゃあ、私もおじさんがお腹の空いた私にパンやおにぎりを食べさせてお金をくれてからセックスさせろと言ったことを警察の人に言っちゃいます」
「この野郎っ」
 店長はアキラの首を締めて押し倒そうとした。
 つまりレイプしようとしたってことね。
 だけどアキラは強かった。だってドラゴンパワーなんだもーーん。
 店長をヒョイと持ち上げドダーンと床に背中から落とす。よくプロレスラーがボディスラム食らっても起き上がるよね。あれは下が弾力性のあるリングで投げられる方も受け身ができていて首を鍛えているから後頭部をぶつけないように気をつけてるの。 でも店長普通の一般人の素人だから事務室の床は固いし、受け身の練習してないし、首も細いから背中と後頭部思い切り打って、「うううううう」とか唸ってすぐに起きられなかった。
 その隙きにアキラはお腹の辺りを軽く踏んづけてダメージを追加してから、店長に言った。
「おじさん、これでお互いチャラにしようね。
警察に届けたら、あたしも逆に訴えるよ。だから家族を大事にしようね。
 それとサンドとアンパンとか美味しかったから、少し貰って行くね。後で在庫チェックして辻褄合わせておいてね。じゃあね。体を大切にね♪」
 そう言ってアキラは商品を少し失敬するとスキップしながら店を出た。
 なんという糞ビッチな所業だろうか。もともと腐れ童貞の負け犬底辺野郎だから、全然そんなこと気にしてないのだ。
 
 まだ夜の町でも人通りの多い所に出ると賑やかになる。街灯やネオンや店のショーウィンドーの光がアキラの姿を照らし出す。どうやらここはホコテンらしい。車通行止めをして、テーブルとか椅子を置いて休憩したりできるし、大道芸人がジャグリングをして見せたりしている。バルーンアートやってる人もいるぞ。
 アキラもそこを歩いているが男には目もくれず女の子ばっか見てる。当たり前だ。中身は腐れ童貞の負け犬底辺野郎のおっさんだから。
 いきなり女の子のスカートをすれ違いざまに捲り上げたりしてケラケラ笑う。
 頭のおかしい女の子だと思うが、痴漢だとか騒がれないし警察も呼ばれない。
「きゃあぁぁ、な……何、今の子? おっかしいんじゃない?!」
 くらいで終わる。それに相手よりずっとずっとレベルが上の美少女だから、連れに男がいても冗談ですまされる。なんという糞ビッチ的な発想か? これがおっさんだったら絶対男に殴られて警察に突き出されるのだが。
 綿あめ屋のおっさんがいたが、アキラは食べかけのアンパンを一つ差し出して上目遣いに可愛い声で言った。
「おじさん、このアンパンと綿あめ取り替えっこしてくれない? ちょっと齧っちゃったけど」
「ええっ? 齧ったぁ? し……しょうがねえなぁ」
っておい、取り替えるのかよ! アンパンは百円だけど、その綿あめ五百円だろがっ。それに食いかけだろが! と言いたくなるだろうが、可愛い子が相手だと値段の違いはどうでも良くなるんだな、これが。それに齧っているから間接キッスになるだろ?
これがおっさんにはたまらないんだよ。なんたる糞ビッチ的あざとい狡猾なズル助なんだ。
 そしてだいぶ食って減ってしまった綿あめをフレンチドッグのアンちゃんに差し出すんだ。
「お兄ちゃん、これあげる」
 これが普通の美少女だったら、ちょっと堅気じゃないアンちゃんは、
「ざけんなよっ、この雌餓鬼ぁあ。ちょっと面が良いからっておちょくるのもいい加減にしろ」
 とか啖呵を切って頭ど突くくらいのことはするんだが、今回の場合は普通じゃなくて、超超超の美少女だから、
「お……おうありがとよ。あっ、フレンチドッグ喰うか? 良いぞ良いぞ、持ってけ。ケチャップと辛子は多めだな。良いよ良いよ。三本でも四本でも持って行きな」
 とこういうVIP待遇になるんだなぁ、これが。
 
 そしてこの糞ビッチは一本だけ食べたら、ビヤホールで飲んでるおっさんたちのところに行って、可愛い声で言うんだ。
「これ多めに買って余ってるんですけど、食べませんか、ビールのおつまみに?」
 そう言ってフレンチドッグを配るんだ。
「おお、ありがとよ。綺麗な姉ちゃん。おーい、大ジョッキ一本追加してくれ」
 てな具合でいつの間にかおっさんたちの席に座ってただ酒飲み始めるんだよ。
 おっさんたちはアキラが大人びた服着てるから童顔の大人の女性だと思ってるし、おっさんの半分はロリコンと優しさでできてるから、気前よくただ酒を飲ましているんだ。
 ところで酔っ払ったおっさんって半分はロリコンで半分は下心でできているから、アキラを酔わせてそのままテイクアウトしたいなって、それぞれ思っているんだろうけど、アキラってドラゴンレバーだから、アルコールは瞬時に分解しちゃうのね。
そうやってるうちにおっさんたち全員酔い潰してバイならって感じにそこをバックレたって訳だ。
 ところが飲みすぎたので特設トイレに入って出て来ると、若い女連中に囲まれちゃった。
 悪いことはできないもんだね。天網恢恢(てんもうかいかい)疎(そ)にして漏らさずというか、好事門を出でず悪事千里を行くって言うか、じっと一部始終を見ていた者がいたんだね。
「ちょっとあんた随分ふざけたマネしてくれてんじゃないか」
 さすがは糞ビッチのやることは同じ女の身として見過ごせないってことだ。いーぞいーぞ、やっちまえ。って、逆に危なくね? だってこの糞ビッチ、ドラゴンパワーだよん。
 総勢七人のレディス様がアキラを囲んで物陰の露地の方に連れて行く。
 アキラはビビる真似をしながら、女どもの顔や体を見て品定めをしている。さすが中身は腐れ童貞の最低辺下衆男らしいじゃないか。
 一同のリーダー格は顔も体も良い。
「少し締めてやりな」
 とか言って、他の六人をけしかける。
 すると女その一が蹴りを入れて来たので、その足首を掴んでアキラはグイッと上にあげる。
「きゃっ」
 そのまま引き寄せて股間を手でツンと突く。
「ひゃんっ」
 でもって女その一転倒。
「んなろっ」
 女その二が右ストレートを出したので、掴んで引っ張って後ろ手に捻って、空いてる手でオッパイをグニャと掴む。
「きゃん」
「やろっ、ふざけた真似を」
 女その三が三時の方向から掴みかかって来たので、掴んでいた女その二をぶつけて、重ねて路上に倒す。もちろんアキラは女がたまらなく好きな下衆野郎だから怪我しないようにヤンワリやってるんだが、ドラゴンパワーだからヤンワリでも馬鹿力なんだよ。
えーと後は雑魚が三人いるんだけど、その三人はブスだから、特にセクハラしないで投げ飛ばし突き飛ばし引き倒しちゃった。ブスでも女性が好きだから、ヤンワリやったんだけど、すぐには起き上がれない程度にダメージ貰ってるみたいだね。
 残ってるリーダーの女は年の頃は十七八、花も恥じらう美形の乙女。腐れ童貞の最底辺下衆男のアキラは美少女の皮を被りながら、よだれを垂らして女に迫る。
「いやぁぁぁぁぁぁあああ」
 具体的に何をどうしたとかあれを何したとかいう細かい描写はめんどいので敢えて書かない。
「きゃっ、やめ……やめて、お願い。ギブギブだから」
「へっへっへ、減るもんじゃねえし、良いだろう」
 これじゃあ、まるでおっさんだ。いや、実際におっさんだけど。やってるのが外見アイドルも女優も裸足で逃げ出すという超美少女だから、貴重映像になるかも。
 
 さてアキラは倒れている女どもに右手で指二本揃えて突きつけ、左手のひらを上にして差し出した。
「これでノー膜炎になりたくなかったら、あたしに慰謝料を払って」
「ノ……脳膜炎?」
「違う。NO膜炎よ。膜がなくなるのよ」
「きゃああああ、出します。出します。許して下さい」
 中には既にNO膜炎の者もいたが、恐怖に震えてみんなお小遣いを出す。といってもせいぜい一人千円かそこらだが。中には三百二十円しかもってないやつもいて、アキラはそいつの鼻の穴に指を突っ込んでグリグリするとか鬼畜な行いをしていた。
 
 そこへぞろぞろとやって来たヤンキーたち。
 どうやら女たちと顔見知りらしい。
「おいおいどうしたってんだよぉ、アケミ。ひどいやられようだなぁ?」
「あっ、ショウ。こいつボコって」
「ボコる? パコるの間違いじゃねえのか、ぎゃっはっはっは」
「どっちでも良いよ。足腰立たないようにしてよ」
「良いとも良いとも、お前にたのまれなくてもやってやるぜ。なあ、みんな?」
「おうおうおう、強姦(や)ってやろうじゃないの」
 なんと男どもの数は十三人、キリストの弟子と同じ数いたのだ。サッカーチームなら補欠二人加えた人数だ。野球ならベンチ四人を含む。それだけたくさんいて、この、中身は下衆おっさんの糞ビッチを輪姦(まわ)し、ファックし、ハメハメハッして、セクロスするなら、流石のビッチも足腰立たず入院するだろうって、そんな訳ないのである。だってだってだって、こいつはドラゴンパワーがあるからだ。
 アキラはケイコとかいうリーダーに言った。
「ふん、お前ら女どもはすぐ男に頼ってしまうカスだよ」
「お前だって女だろっ。しかも女の武器を使いまくっていたじゃねえか」
「ふん、あんなのは武器のうちに入らない。あたしの武器はこの拳一つだ」
 そう言ってアキラは右腕を高く上げて拳を見せた。
「そうかい、そうかい。おいヤス、ハヤト。お前ら足を持て。お前とお前は手を抑えろ。そして俺は頭を押さえるから、パンツを脱がせ」
 アキラはあっという間に両手両足を持たれて空中に浮き上がった。
「男は……だ」
「なにぃ? なんか言ったかぁ?」
「おぉぉぉとぉぉぉこぉぉぉわぁぁぁ」
「なにぃ、男はなんだってぇぇ?」
「嫌いだぁぁぁぁぁああああああああっっ」
 アキラがそう言ってからやったことを説明すると、まず手足を縮めて四方から抑えてた連中を急激に引き寄せたんだ。
 するとブシッとかバクンとか音がして互いの頭蓋骨がぶつかってそれで脳震盪だ。中にはヒビが入ったものもいるかもしれない。でもそんなことはアキラは気にしない。
 次にアキラは手足を思い切り伸ばした。
 すると四方八方に男どもは吹っ飛んで行った。
 八方というのは飛ばされた男にぶつかった男も巻き込まれて飛んで行ったからだ。
 それが遠いのになると十メートルは飛んで行ったっていうから、車にハネられたなみの衝撃だったろう。
「ば……化物だぁぁ」
「女に向かって化物とかいうなぁぁぁぁぁあああ」
 自分でも女だと思ってないくせにアキラはそう言うと、平手でバシッバシッと残ってる連中を張り倒して行った。まあ、はっきり言うと北海道のヒグマにの前足で叩かれたようなもんだね。一発で吹っ飛んで行って倒れた。そのさい体が錐揉み状に回転して飛んでいたけれどね。
「死ねぇぇぇぇ」
 後ろで誰かがぶつかって来た。腰だめしたサバイバルナイフを背中に突き刺して来たのだ。
 振り返った時、パキーンとナイフの刃が折れて柄の部分が飛んだ。その後で残った刃がニューッと背中から出てポトリとアスファルトの上に落ちる。
「えっ?」
 アキラの背中から一滴も血が出てないので男は驚く。その途端手に石を持ったアキラがそれで男の腹を殴る。男は声も立てず十メートル先のブロック塀にぶつかり、塀も壊れる。
 って拳一つが武器だって言ってたじゃん。駄目だろっ、石使ったら。
 一人まだ残って地面に座り込んでいる奴がいたからアキラは近づいて行く。
「か……勘弁してくれ。許して下さい」
「じゃあ、前を出してみろ。それを引っ張って引っこ抜いたら許してやる」
 それを聞いて男は失禁してズボンの前を濡らす。
「汚いからもう良い。それじゃあ、伸びている奴らから慰謝料を集めろ。お前のもな」
「は……はい」
 なんという鬼畜にして破廉恥で言語道断、厚顔無恥、残虐非道、冷酷非情な糞ビッチなのだろう。
 だがアキラには金がなかったのも事実なので、これは生きるために仕方がないのだろう……ってそんな訳あるかっ!

 
 露地から出て稼いだ金でホコテンの出店で売ってるものを値切って買ったりしながらアキラは歩いていた。
 そこへなにやらエンジン音と悲鳴が向こうの方で聞こえた。なにやらこっちの方に大型トラックが突っ込んで来る。
 途中何人も跳ね飛ばして、気がついたときはアキラもハネられていた。この既視感、このデジャブ。
そして丁寧にも路面に墜落したアキラの体を大型トラックの太いタイヤがミシミシミシと上から轢いて行く。
 ボキビキビキ、プチプチプチという音がして、一瞬にして打撲、骨折などが全快する。
 アキラがすいっと立ち上がったのを見て、通行人の年配の女性が気を失った。だよね、きっとゾンビになって立ち上がったのだと思ったんじゃね。
 トラックはようやく建物にぶつかって止まったが運転席から降りて来た男は三十代で髪が寝癖ではねている怪しげな男。右手に持っているのは文化包丁。そして通行人に飛びかかって行き、片っ端から刺して廻った。
「殺す、殺す、殺す。誰でも良い。死んでくれ。っていうか死ねぇぇぇぇぇええええ」
 あちこちに血しぶきが飛び散り、人がばたばたと倒れる。アキラはその包丁男に近づくと、
「お前こそ死ねぇぇぇぇぇぇぇ」
よく言えたな。お腹に文化包丁が突き刺さっているのに。そのセリフを言い終わらないうちに男がアキラに包丁を突き刺したのだ。男は次の標的を狙うため文化包丁をアキラの腹から抜いて回収しようとした。
 だがアキラは腹に力を込めて、包丁が抜けないようにした。それどころかどんどんめり込んで行き、終いには男の手から離れてしまう。
 アキラは手をパーにして男の顔をパチンと突くと、男は三メートル後方に飛んで仰向けに路上に倒れた。既に鼻血を出して白目を剥いて気絶状態だ。

 その後、腹に刺さったナイフがポンと飛び出た。
 相変わらず服は破けたが、中身は一筋の傷も見当たらないのだ。ドラゴンパワー最強。

 そして次々に来る救急車やパトカー。男は無論そのまま逮捕され、怪我人は救急車に運ばれて行く。
 ところが肝心のアキラの姿は何処にもない。と思ったらアキラが刺されて反撃したところを携帯で動画に撮った者が複数いて、なんとネットで拡散されていた。
 ついでに女たちやヤンキーどもを倒して金を巻き上げているところも撮っていた者が別にいて、それも同時に拡散された。
「お手柄不死身美少女」という題もついていたが「悪辣喝上げ少女の無双ぶり」とかいう題名も横行。
 たちまちアキラは時の人になった。
 だがあれだけの美少女、絶対目につく筈なんだけれど何処にもいない。
 全国各地で目撃情報があったが、それは流行に則って茶髪カラコンでアキラスタイルを真似た普通の美少女だった。
 ある日の公園で女の服を着たおっさんが警官に職務質問されて保護された。
 おっさんには持ち金がなく、その服は病院のロッカーから盗まれた看護師のブランドものの私服だと判明して逮捕された。
「いつの間にか生えて来たんだ。で、転んでも打撲が治らなくなったし」
 とか訳の分からないことを言い続けていたという。
 いやいやいやそのおっさんがあの美少女だとは誰も言ってないよ。でもこれは短編だからこの辺で血液の効果がなくなって元の黙阿弥になってしまった、チャンチャン♪としたほうがオチがついて良いかなっててね。
 ではまた会おう。バイなら!